インソール 臭い

雑菌のエサとなる皮脂や垢、角質が溜まりにくい設計!

足の臭いは悩みの種のひとつです。

 

 

サラリーマンや学生など、長時間の外出が当たり前の環境にあるなら特に、そのほとんどの時間を靴を履いたまま過ごすことになります。

 

 

このため、靴の中には独特の悪臭がこもってしまいます。レストランなどでふとした拍子に靴を脱いだ瞬間、自分の足から漂ってきた臭いに驚き、辟易したという体験がある方も多いのではないでしょうか。

 

 

菌ピタ君はそんな足の臭い対策にぴったりの商品となっています。

 

 

実のところ足の裏から出る汗自体には、それほど臭いはないとされています。

 

 

問題となるのは雑菌で、汗と雑菌が混ざり合うことによって悪臭に変化してしまいます。

 

 

体温による温度と汗の湿気がこもる靴の中は、雑菌にとって最適な環境です。

 

 

高温多湿な環境の中で、雑菌は活発に繁殖をし、その数を増やして悪臭の原因になってしまいます。

 

 

消臭スプレーなどの使用にも効果はありますが、靴を履いている時間が長くなると効果は薄れがちです。

 

 

また、靴を脱ぐタイミングは意外なほどに判らないもので、職場の同僚とランチに向かった先がたまたまお座敷タイプの席のため、靴を脱がなければいけなくなったということも有り得ます。

 

 

靴を脱ぐタイミングに合わせて、消臭スプレーなどによる臭い消しは難しいでしょう。

 

 

菌ピタ君は靴の中に入れておくだけで効果を発揮するインソールです。

 

 

いつもの靴の底に敷くだけの簡単設置になっており、靴を変えたり、インソールを切って調整する必要はありません。

 

 

敷いてから効果が出るまでの時間の早さも菌ピタ君の特長のひとつです。

 

 

早い場合には数時間から、数日の間までに多くの人が効果を実感しています。

 

 

また、備長炭炭を素材に使用しているため、手入れを行いながら長く使用することができます。

 

 

靴底に敷いても違和感のないシンプルな深緑色は、消臭用のインソールを敷いていると気付かれることも少ないでしょう。

 

 

お気に入りの靴を変えず、そのまま使い続けられるのも菌ピタ君の嬉しいポイントとして挙げられます。

 

 

足の臭いは本人だけではなく、周囲の迷惑ともなるものです。車内や会議室といった空気がこもる場所や、食事の場などにはできる限り持ち込みたくはありません。

 

 

菌ピタ君を使うことによって、足の臭いを気にせずに行動することができるようになります。

 

 

手入れも天日干しのみと手軽に行えるようになっており、一足ずつ丁寧に仕上げられた商品の履き心地の良さも使いやすい点となっています。

活性炭よりも高い抗菌力を持つ竹炭採用の中敷きです!

 

菌ピタ君とは消臭効果がある黒色のインソールです。

 

 

靴の中の下敷きと言えば分かりやすいですが、臭いのカット率は99%という高い数値です。

 

 

アンモニア臭は約95%カットになりますが、それでも殆どの抑制率を誇ります。酢酸(汗の臭い)とイソ吉草酸の悪臭をほぼカットするのが強みですが、通常のインソールでは限界があります。

 

 

菌ピタ君の秘密は「備長竹炭」です。普通の活性炭とは違って抗菌力が強く、雑菌の繁殖に制限を加える作用が高いのがポイントです。

 

 

アンモニアや酢酸、イソ吉草酸は臭いを発生させる菌の餌になりやすいですが、あらかじめ備長竹炭の作用でブロックしておけば、臭いは出なくなります。

 

 

しかも、通常の消臭用インソールとは違って「半永久的に使える」メリットが決定的です。

 

 

使い捨てはゴミになる挙げ句に出費も増えますから、不快な要因は生じます。

 

 

なぜ、菌ピタ君は半永久的に使えるのかですが、備長竹炭は吸着した臭い物質や雑菌、汚れを排出する力があります。

 

 

条件は必須ですが、菌ピタ君を使った後に天日干しすれば良いだけです。

 

 

日光に当てると自然に吸着したいらない物を排出したり分解しますから、繰り返して使えるようになります。

 

 

破損させない限りは何度も使えるのが良いところです。とても経済的であり、衛生面が維持出来る商品は数少ないと言えます。

 

 

作りにも工夫してありますが、メッシュ加工しています。

 

 

そうすれば網目に汚れや角質が入り込みやすく、使用している靴の中に汚れが散乱しない様に抑えてくれます。

 

 

インソールだけに意識を向けているだけではなく、靴に対しての配慮も考えて作られている特殊なアイテムです。

 

 

メッシュ加工(合成繊維)の中に備長竹炭が入っていて、その下に不織布が付けられていますが、三段階構造になっています。

 

 

通常の消臭インソールは靴サイズに合わせていない物が多く、自分でハサミで切って、サイズ調整しなければいけない手間がありました。

 

 

しかし、菌ピタ君の販売会社は幾つものサイズを用意してありますから、ハサミでサイズ調整するストレスも無いです。

 

 

自分で切ると不安定な形になったり、無駄が出てきてしまいますから、消費者には手間が生じます。

 

 

そのようなデメリットも解決しているのは親切とも言えます。

 

 

使い方は簡単で、普段から使用している靴の中に入れて、毎日もしくは定期的に天日干しするだけです。

 

 

臭いを99%はカットしてくれる上に、半永久的に使えるのは数少ない特徴的なインソールです。

 

>>菌ピタ君 公式サイトはこちらから<<